2017.9~10紅葉めぐりⅢ生き物達

ホーム管理人の部屋2017.9~10紅葉めぐりⅢ生き物達

この項のまとめ

望遠レンズを持っていなかったので、不鮮明で、見にくい写真になりました。不鮮明で残念な思いをした鳥も沢山います。
絶滅寸前のムツアカネや初めてのゴジュウカラなどたくさんの生き物と出会うことが出来ました。
ニホンカモシカ
ムツアカネ
ゴジュウカラ
ホシガラス

ニホンカモシカ

撮影場所:木曽駒ヶ岳高原バス道路 逃げもせず観察させてくれました。ウシ科の動物。
2017.10.8ニホンカモシカ
2017.10.8ニホンカモシカ
2017.10.8ニホンカモシカ
2017.10.8ニホンカモシカ

ニホンザル

撮影場所:上高地 河童橋の近くで遊んでいました。
2017.10.10ニホンザル
2017.10.10ニホンザル
2017.10.10ニホンザル
2017.10.10ニホンザル

ムツアカネ

撮影場所:尾瀬(群馬側) 高層湿原に住むので生息域は限られている。群馬県では絶滅危惧ⅰ類に指定され絶滅の恐れが高い。名前の由来となった青森県ではすでに絶滅している。
2017.10.5ムツアカネ
2017.10.5ムツアカネ
2017.10.5ムツアカネ
2017.10.5ムツアカネ

アキアカネ

撮影場所:八方尾根 陶器山にもいます
2017.10.1アキアカネ
2017.10.1アキアカネ
2017.10.1アキアカネ
2017.10.1アキアカネ

ルリビタキ

撮影場所:ルリビタキ 陶器山にも間もなくきます。
2017.10.3ルリビタキ
2017.10.3ルリビタキ
2017.10.3ルリビタキ
2017.10.3ルリビタキ

ホシガラス2

この日は機嫌がよく、飛び回っていました。
2017.10.3ホシガラス
2017.10.3ホシガラス
2017.10.3ホシガラス
2017.10.3ホシガラス

ホシガラス

撮影場所:浅間山 高山帯に住み、ライチョウと生息域は雷鳥と重なる。熱狂的なマニアが多い。
2017.10.3ホシガラス
2017.10.3ホシガラス
2017.10.3ホシガラス
2017.10.3ホシガラス

ハシビロガモ

撮影場所:尾瀬沼 冬鳥として陶器山に既に飛来しています。
2017.10.5ハシビロガモ
2017.10.5ハシビロガモ
2017.10.5ハシビロガモ
2017.10.5ハシビロガモ

トビ

撮影場所:山湖台
2017.10.6トビ
2017.10.6トビ
2017.10.6トビ
2017.10.6トビ

ダイサギ

撮影場所:尾瀬(大江湿原) 遠景でオオダイサギかチュウダイサギか識別できませんでした。
2017.10.5ダイサギ
2017.10.5ダイサギ
2017.10.5ダイサギ
2017.10.5ダイサギ

シジュウカラ、ムシクイ、コゲラ

撮影場所:浅間山
2017.10.3シジュウカラ
2017.10.3シジュウカラ
2017.10.3ムシクイ(詳しい名前は不明)
2017.10.3コゲラ

ゴジュウカラ2

コガラ、ヒガラより大きいがシジュウカラよりは小さい。カラ類で一番大きいのはヤマガラ。
2017.10.27ゴジュウカラ
2017.10.27ゴジュウカラ
2017.10.27ゴジュウカラ
2017.10.27ゴジュウカラ

ゴジュウカラ

撮影場所:大台ケ原 亜高山帯で見ることが多い。陶器山では現れていない。スタイルの良い綺麗な鳥。
2017.10.27ゴジュウカラ
2017.10.27ゴジュウカラ
2017.10.27ゴジュウカラ
2017.10.27ゴジュウカラ

キンクロハジロ

撮影場所:尾瀬沼
2017.10.5キンクロハジロ
2017.10.5キンクロハジロ
2017.10.5キンクロハジロ&ハシビロガモ
2017.10.5キンクロハジロ&ハシビロガモ

カヤクグリ

撮影場所:西穂高 高山帯に住むスズメ程度の大きさの鳥
2017.10.11カヤクグリ
2017.10.11カヤクグリ
2017.10.11カヤクグリ
2017.10.11カヤクグリ

不明種(猛禽類)・カイツブリ

撮影場所:不明種は八方尾根、カイツブリは尾瀬沼
2017.10.1不明種(猛禽類)
2017.10.1不明種(猛禽類)
2017.10.5カイツブリ親子
2017.10.5カイツブリ親子

ウミネコ

撮影場所:親不知海岸
2017.9.30ウミネコ
2017.9.30ウミネコ
2017.9.30ウミネコ
2017.9.30ウミネコ

ウグイス?

撮影場所:浅間山 ウグイスと思われます。
2017.10.3ウグイス?
2017.10.3ウグイス?
2017.10.3ウグイス?
2017.10.3ウグイス?

イワヒバリ

撮影場所:木曽駒ヶ岳 高山帯に住み、一妻多夫の鳥
2017.10.8イワヒバリ
2017.10.8イワヒバリ
2017.10.8イワヒバリ
2017.10.8イワヒバリ

アトリ

撮影場所:御嶽山 越冬のため集団を作っていました。陶器山にもすでに姿を現しています。
2017.10.9アトリ
2017.10.9アトリ
2017.10.9アトリ
2017.10.9アトリ
自然に関することは、陶器山ニュースへ。
生き物・花・植物などは、観察記録へ。
管理人の旅物語は、管理人の部屋へ