2019.9~10紅葉めぐり

ホーム管理人の部屋2019.9~10紅葉めぐり

2019.10.5手取渓谷 トビ2

羽根を広げて悠々と飛ぶ姿も迫力があります。
トビ
トビ
トビ
トビ

2019.10.5手取渓谷 トビ

間近に見るトビはでかい、オオタカに比べると一回り以上の大きさ。
トビ
トビ
トビ
トビ

2019.10.5手取渓谷 チュウダイサギ

眼を離したスキに飛んで行きました。
チュウダイサギ
チュウダイサギ
チュウダイサギ
チュウダイサギ

2019.10.5手取渓谷 チュウダイサギ

2019.10.5手取渓谷 チュウダイサギ

2019.10.5手取渓谷 ノビタキ雌

手取峡谷は鳥も沢山います。
ノビタキ雌
ノビタキ雌
ノビタキ雌
ノビタキ雌

2019.10.5手取峡谷

白山の帰りにはジオパーク手取峡谷がおすすめ。綿ヶ滝のダイナミック眺めは格別です。運が良ければカワガラスにも会えます。
綿ヶ滝
綿ヶ滝
手取峡谷
手取峡谷

2019.10.5白山白川郷ホワイトロード2

道路から崖下への急な階段を下りて川沿いの遊歩道を行くと迫力満点の姥ヶ滝に行けます。天然の足湯もあります。是非一度行ってみてください一番のお薦めポイントです。
フンベの大滝
姥ヶ滝
姥ヶ滝
遠くに白山の山並が見えます。

2019.10.5白山白川郷ホワイトロード

昨年と同じ日でしたが今年は少しだけの色づきはありましたがほぼ緑一色。
かすかな色づき
色づきなし
車も少なく愛車がぽつんと1台
かすかな色づき

2019.10.4乗鞍2

暴風雨の中マイクロバスで来て写真撮影をしているグループがいました。
下りバス車窓
下りバス車窓
善五郎の滝
善五郎の滝

2019.10.4乗鞍

バスの終点畳平は暴風雨、立って歩くこともできません。畳平滞在時間10分で乗ってきたバスでとんぼ返り、バス代2500円がパー。救いはバスの運転手さんのご厚意で冷泉を見せてもらったこと、冷泉は硫黄臭い水ですが万病に効く水と言われています。
下り車窓
下り車窓
冷泉
冷泉

2019.10.3小登見山3

本格的な紅葉とはいきませんが、この暑さと昼と夜の寒暖差がないことを考えると、ここもこれ以上の紅葉は望めないような気がします。
登山道下り
登山道下り
一の背から地蔵の頭方面
登山道下り

2019.10.3小登見山2

小登見山頂上 1959.1.7遭難者の慰霊額
小登見山頂上
登山道下り
登山道下り

2019.10.3小登見山

雨が降ったりやんだりの生憎の天気、雨具を着たり脱いだりしながら登りましたが下りは一の背を過ぎたあたりから本降り。登見尾根の真っ赤な紅葉は見ることが出来ませんでした。
地蔵の頭からリフト方面
登り登山道
登り登山道
登り登山道

2019.10.2八方尾根3 八方池

八方池
八方池
八方池
八方池から唐松岳方面

2019.10.2八方尾根2

第二ケルン(息ケルン) 慰霊碑です
八方池付近
八方池付近
八方池付近

2019.10.2八方尾根

栂池高原と同じ程度の紅葉、今年の天候を考えるとこれ以上紅葉せずに茶色になりそうです。
白馬三山
鹿島槍ヶ岳と五竜岳
登り木道
休憩ポイント

2019.10.1栂池高原4 コノシメトンボ

園内は沢山の蜻蛉が飛んでいましたが撮れたのはこの1匹、オニヤンマ、アキアカネ、ナツアカネ、ムツアカネなどをい見ました。

2019.10.1栂池高原3

栂池自然園内 展望湿原はガスで視界不良為もうせん池で折り返し。
栂池自然園
栂池自然園 もうせん池
栂池自然園 もうせん池
栂池自然園

2019.10.1栂池高原2

栂池自然園内
栂池自然園
栂池自然園
栂池自然園 ゲストハウス方面
栂池自然園

2019.10.1栂池高原

紅葉真っ盛りの風景ではありませんが、それなりにです。
ゴンドラ
ロープウェー付近
栂池自然園
栂池自然園

2019.9.30立山7 ホシガラス

ホシガラスが増えているように思いました。
ホシガラス
ホシガラス
ホシガラス
ホシガラス

2019.9.30立山6

みくりが池
みくりが池
みくりが池
みくりが池
別カメラから室堂ターミナル方面

2019.9.30立山5

室堂山からの風景
五色ヶ原
室堂山荘方面
雄山からの稜線
登山道起点風景

2019.9.30立山4

室堂平から室堂山
立山
室堂山へ
室堂山へ
登山道から室堂平振り返り

2019.9.30立山3

バスの車窓からの風景
立山本山
ソウメン滝
剣岳
立山三座

2019.9.30立山2

バスの車窓からの風景
弥陀ヶ原
弥陀ヶ原
弥陀ヶ原
七曲り道路

2019.9.30立山1

立山駅構内~称名滝 気温温い
9月30日6:30立山駅表示板
ケーブルカートンネル
ケーブルカー擦れ違い
称名滝
自然に関することは、陶器山ニュースへ。
生き物・花・植物などは、観察記録へ。
管理人の旅物語は、管理人の部屋へ