2017.4手取渓谷・立山・栂池・上高地

ホーム管理人の部屋2017.4手取渓谷・立山・栂池・上高地

2017.4手取渓谷・立山・栂池・上高地の旅のまとめ

改めて日本の風土は変化に富んでいることを痛感した旅でした。大阪では20℃を超える日があるのに、山に行くと猛吹雪。雪質も標高によって大きく変わります。
4月15日と19日は立山~木曽駒ヶ岳は猛吹雪。19日は上高地でも雪が降っていました。それでも旅は楽しいです。スーパーで好きなものを買い、温泉に入り缶ビールの蓋をあけ一口飲んだ時の瞬間はまさに至福の時間です。
立山の雪の壁は5月一杯は十分楽しめそうです。下手な写真と文にお付き合い有難うございました。
立山 室堂平
立山 雪の大谷
栂池
上高地 穂高連邦

参考 2016.4.18上高地(河童橋付近)

今年に比べ格段に雪の量が少ない。
2016.4.16河童橋
2016.4.16ヤケダケ
2016.4.6穂高連邦

2017.4.18 上高地(河童橋付近)4

上高地の後、中央道小黒川PAで車中泊し、翌日木曽駒ヶ岳に行く予定でしたが、生憎19日は大荒れの天気でロープウェー、バスとも運休。やむを得ず大阪に帰りました。
 
梓川上流に向かって左からの風景
河童橋から焼岳
河童橋の旅館街、この道を行けば明神池
バスセンター

2017.4.18 上高地(河童橋付近)3

河童橋
河童橋
梓川上流に向かって左からの風景
梓川上流に向かって右からの風景

2017.4.18 上高地(河童橋付近)2

河童橋付近
河童橋付近
河童橋付近
河童橋付近

2017.4.18 上高地(河童橋付近)

当初、河童橋から梓川上流への左コースを通って明神池まで行く予定をしていましたが、ここでも通行止め。右コースは行けるとのことでしたので今になって公開しています。
河童橋付近の風景を紹介します。
バスセンターから河童橋方面
バスセンターから河童橋方面
河童橋
河童橋からの焼岳

2017.4.18 上高地(大正池の鳥 マガモ)2

マガモ
マガモ
マガモ
マガモ

2017.4.18 上高地(大正池の鳥 マガモ)

遠景で望遠レンズを持っていない悲しさで、飛ぶ姿を綺麗に飛ぶ姿を撮ることが出来ませんでした。
マガモ
マガモ
マガモ
マガモ

2017.4.18 上高地(大正池の鳥 カケス)2

目つきは鋭いですが、綺麗な鳥です。大きさはキジバトと同じ位です。陶器山の近辺では金剛山に生息。
カケス
カケス
カケス
カケス

2017.4.18 上高地(大正池の鳥 カケス)

上高地でカケスを見たのは初めてです。近くまで来てくれましたので、望遠レンズなしでもそこそこに撮れました。
カケス
カケス
カケス
カケス

2017.4.18 上高地(大正池の鳥 オシドリ)2

2017.4.18 上高地(大正池の鳥 オシドリ)
2017.4.18 上高地(大正池の鳥 オシドリ)
2017.4.18 上高地(大正池の鳥 オシドリ)
2017.4.18 上高地(大正池の鳥 オシドリ)

2017.4.18 上高地(大正池の鳥 オシドリ)

冬鳥のオシドリ、越冬が終わり大正池に沢山帰ってきていました。遠景のうえ望遠レンズを持っていなかったので、小さくて写りが悪いです。
オシドリ
オシドリ
オシドリ
オシドリ

参考 2016.4.18大正池

昨年は雪がなく寂しい風景でしたが、風が鳴く綺麗な写しこみが撮れました。年によって風景が全く違うものに見えます。
2016.4.18大正池
2016.4.18大正池
2016.4.18大正池
2016.4.18大正池

2017.4.18 上高地(大正池)2

雪の穂高は綺麗ですが、池の立木は殆ど朽ちてしまいました。池の水量も関門でかろうじて維持していますが、水深は浅く昔(10年ほど前)のイメージはありません。いずれ田代池みたいになるかもしれません。
風のせいで写しこみは期待できませんでした。 
管理人です。(目を背けても結構です)
穂高連邦
立木は殆どありません
穂高連邦

2017.4.18 上高地(大正池)

上高地も今年は雪が豊富。但しそのせいで河童橋への梓川沿いの遊歩道は通行禁止。
大正池から穂高連邦
大正池
焼岳
大正池関門方面

2017.4.18 沢渡~上高地車窓2

昨年は上高地に雪はありませんでしたが、今年はかなり雪がありそうです。
釜トンネル
釜トンネル内
新しくできた上高地トンネル(去年は工事中)
上高地のバス道路

2017.4.18 沢渡~上高地車窓

沢渡バスターミナルから大正池までの車窓の風景
沢渡バスターミナル出発
雪解け水で水量が多くなっています。
ここ数年崩落が続いている場所
釜トンネル手前

2017.4.17 4栂池

自然園の雪の量は3~4mはあると思いますが、のっぺりとした風景で見るべきものはありませんでした。早めに帰って栂の湯で温泉につかり、イオンで買い物をして、上高地の手前の道の駅「風穴の里」に向かいました。
白馬三山、小蓮華、白馬乗鞍
左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳
自然園からの帰り
道の駅「風穴の里」

2017.4.17 栂池3

延々同じ風景が続き、早々に帰ることに会いました
唐松岳と白馬三山
鹿島槍ヶ岳
ビジターセンター
黄沙が目立ちます

2017.4.17 栂池2

自然園
左の山は唐松岳
ビジターセンターが遠くになりました。
鹿島槍ヶ岳

2017.4.17 栂池

栂池は雪の量は多いが雪質が悪く、スノーシューを履いても沈みがち。歩き辛いので結構体力を消耗します。このシーズン雪は多いに越したことはありませんが、黄沙の影響大です。
鐘の鳴る丘ゲレンデ まだ雪が残っています
ロープウェーから自然園へ
左から白馬三山、小蓮華、白馬乗鞍
自然園遠景

2017.4.16~17 道の駅「親不知」2

道の駅の前には親不知の海岸が広がり、時間があれば朝の散歩に最適です。(歩いている人もいました)
2017.4.16道の駅「親不知」
2017.4.17道の駅「親不知」 右端は愛車
2017.4.17道の駅「親不知」
2017.4.17道の駅「親不知」

2017.4.16~17 道の駅「親不知」

立山から栂池に向かう時の快適空間。高速道路の下にあるので若干車の音がしますが、気になるほどでもありません。何よりも高速の下ですので雨が降っても濡れる心配がない、駐車枠が広く隣の車に気を遣う必要がない。ごみ箱も高速道路並みトイレもウォシュレットでいうことなしです。
海亀をモチーフにしていますので、海亀が産卵に訪れる場所かもしれません 
2017.4.16道の駅「親不知」
2017.4.16道の駅「親不知」
2017.4.16道の駅「親不知」
2017.4.16道の駅「親不知」

2016.4.16 立山下り車窓の風景2

称名滝の見える滝見台に人がいるのにビックリ、おそらく美女平から延々と歩いて滝を撮りに来た人と思います。
雪の壁が延々と続きます。
称名滝
称名滝
立山杉でも一番大きい樹齢300年の大木

2016.4.16 立山下り車窓の風景

バスの窓から風景を撮ってみました。
室堂ターミナル付近
室堂ターミナル付近
雪の大谷
雪の大谷

参考 2016.4.16雪の大谷

2017年雪の大谷の壁は実感できたでしょうか?、参考に最悪と言われた昨年の雪の大谷をピックアップします。
7年連続でオープン初日に行っていますので、パンフレットの公称と実際の違いは判ります。(写真はウソつきません)
2016.4.16雪の大谷
2016.4.16雪の大谷
2016.4.16雪の大谷
2016.4.16雪の大谷

2017.4.16 雪の大谷6

高さが判るように縦にして撮ってみました。
雪の大谷(縦版)
雪の大谷(縦版)
雪の大谷(縦版)
雪の大谷(縦版)

2017.4.16 雪の大谷5

外人観光客が多く、日本語を聞くとホットします。
雪の大谷
雪のパノラマロード
雪の大谷
雪の大谷

2017.4.16 雪の大谷4

延々と白銀と人並みが続きます。
雪の大谷
雪の大谷
雪の大谷
雪の大谷

2017.4.16 雪の大谷3

凄い人で田舎もんの管理人にとっては人酔いします。
雪の大谷
雪の大谷
雪の大谷
雪の大谷

2017.4.16 雪の大谷2

雪の大谷の最高地点を通過するバスを撮ってみました。壁の最上部が垂れているように見えるのは、昨日の積雪で時々崩れています。 
雪の大谷
雪の大谷最高地点
雪の大谷最高地点
雪の大谷最高地点

2017.4.16 雪の大谷

昨年(2016年)は、雪の壁の高さは公称12m(実際は8m程度)。今年は公称19m(実際?)、昨年よりかなり高いのは事実です。
同じような写真が何枚も出てきますが、整理の悪さと思ってご容赦願います。
ウォーキング前の雪の大谷
とりあえず壁の高さは19m
雪の大谷
雪の大谷

参考 2016.4.16立山

昨年は記録的な暖冬で雪が少なく、山の地肌が見えていました。
2016.4.16立山三山
2016.4.16奥大日岳
2016.4.16車窓からの雪の大谷
2016.4.16車窓からの風景

2017.4.16 立山室堂平4

同じ風景ですがカメラが違うと、色も違います。
剣岳
立山三山
立山三山
奥大日岳

2017.4.16 立山室堂平3

同じような風景ですが、カメラが違ったり、場所も変えて写しています。今年は昨年と比べると雪の量は格段に多い。
剣岳遠景
立山三山
浄土山
奥大日岳

2017.4.16 立山室堂平2

雪質がよく、スノーシューを履かなくても殆ど沈みませんでした。雄山に登頂してスキーで降りてくる人もいました。
雄山山頂
雄山山頂
奥大日岳をバックに管理人
立山三山

2017.4.16 立山室堂平

午前中は天気がまあまあという予報でしたので、朝4時に起床して準備。5時過ぎには切符売り場に行きましたがすでに長蛇の列。かろうじて始発の7時のカーブルカーの切符を買えました。
AM6:29 室堂の様子
立山三山
浄土山
奥大日岳

2017.4.15 立山2

室堂ターミナルに到着したら暴風雪、写真どころではありません。午前11時頃、雪の大谷ウォーキング中止の張り紙。
4.16に期待して急遽もう1日立山駅で車中泊に変更。ところが夜の酒の肴がないので、立山駅の土産物屋で酒のつまみになりそうなものを買い夕方5時位から一人宴会。 高くつきました。
室堂ターミナル付近
室堂ターミナル付近
室堂ターミナル付近
帰りの車中

2017.4.15 立山

朝のうちは晴れ間も出て、期待に胸を躍らせていましたが、弥陀ヶ原を過ぎた位から天気が急変し、室堂につくころは猛烈な風と雪になっていました。
AM5:36 月が出ていました。
AM5:35 切符買の行列
AM6:25 室堂の様子
AM7:40 称名滝 まだ天気は大丈夫

2017.4.14 手取渓谷2

昨年は川の水質(泥水)が気になっていましたが、今年はかなり改善されていました。
綿ヶ滝
綿ヶ滝
綿ヶ滝
展望台からの遠景

2017.4.14 手取渓谷

昨年も行きましたが、一番良いのは秋の紅葉の時期。ここの見どころは綿ヶ滝。落差約30mの落差のある滝は水量も多く見ごたえがある。滝への階段は短いですが、段差が高く滑りやすいのでご注意を。駐車場・トイレあり。
ナビでは目印となる建物がないので、MPコード:507 616 493で目的地を指定してください。
地図
渓谷の小さな滝
管理人です。
手取渓谷

2017.4.13 道の駅「藤樹の里あどがわ」

最近、北陸方面への旅に利用するのがここ「藤樹の里あどがわ」。
駐車場が広く、コンビニを備え、トイレの数も多くウォッシュレットを備えているのに加え、近くに大きなスーパーがあり買い忘れのものがあっても補充できます。
「藤樹の里あどがわ」
「藤樹の里あどがわ」
自然に関することは、陶器山ニュースへ。
生き物・花・植物などは、観察記録へ。
管理人の旅物語は、管理人の部屋へ