2019.4.6~

ホーム陶器山ニュース2019.4.6~

2019.12.7定例作業

今週も今熊市民の森の間伐・枝払い、除草。メンバーは10人。
松林のジャングルも少しづ解消、風通しが大分よくなってきました。落ち葉の清掃を行っていた時に、陶器山では絶滅したと思われていたヒカゲノカズラを発見。周りを点検するとそこかしこで群生しています。日当たりを良くすればさらに生育が期待できるので群生地一帯の伐採作業を重点的に行いました。気温は低いものの風がなく、作業には適温、風通しの良い松林になりつつあります。
間伐・枝払い
間伐・枝払い
間伐材
間伐後の松林

2019.11.30定例作業

先週に引き続き今日の作業は、今熊市民の森の除草と、間伐。メンバーは7人。
明日からは師走、気温も冬を思わせる寒さ。松とコナラが密集しそこに背の高いササが折り重なるように生え、風は通らない、日もささないまさにジャングル状態。ササを刈ると同時に、松の枝払い、小松や密集したコナラの伐採作業を約2時間。
作業の目的は景観の改善もさることながら、自生した松林をキノコの群落地にしたいという思いもあり、まだまだ作業を続けます。
除草・間伐
除草・間伐
除草・間伐
除草・間伐

2019.11.23定例作業

快晴に恵まれた今日の作業は今熊市民の森の間伐とササ刈。メンバーは8人。
あまの台の開発当時は、山は削られ樹木は伐採され、草木1本生えていない場所でしたが、今は間伐が必要なほど木が密集しササが伸び放題。
日当たりが悪くなり、貴重なヒカゲノカズラがいつの間にか消滅、キノコも期待できないような状況になっていました。一気にやるには、作業量が多すぎるので今日は出来るところまでやって残りは来週に持ち越しです。

ササ刈
間伐作業
間伐作業
間伐作業

2019.11.16定例作業

快晴の絶好の作業日和に恵まれ、10人の作業メンバーで街道から三都神社への下り口のササ刈と倒木整理作業。
倒木はチェンソーで簡単に整理できましたが、ササは刈っても刈っても成長。他の雑草は成長が止まり枯れ気味になっているのに、ササだけは元気いっぱい。竹と同じで定期的に伐採しないと他の場所に侵食していくようです。作業にめどがついたところで、新メンバーを含め休憩兼ミーティングを行い終了。
ササ刈
ササ刈
ササ刈
休憩兼ミティング

2019.11.9定例作業

秋晴れの爽やかな天気恵まれた、今日は月1回の公園清掃。メンバーは8人。
11月ともなると雑草の伸びも一段落、草刈りもそう手間はかかりません。あまの公園、ドングリの森とも短時間で草刈り作業を終え、夏の間に生い茂った木の剪定作業と小枝の整理を行いました。今日の一番の出来事は斜面の雑草整理をしているときに、コガタスズメバチの巣を発見。夏の作業では気が付きませんでした。来年は要注意です。
あまの公園除草
あまの公園清掃
樹木剪定
ズズメバチの巣

2019.11.2定例作業

今日は作業という名の、陶器山丘陵秋の実り観察。絶好のピクニック日和にも恵まれ、新しいメンバーを含め総勢10人で観察会。
ドングリの森ではキノコがニョキニョキ。にわかにキノコ観察会に様変わり。
街道に出るとコウヤボウキを鑑賞したり、ナツハゼを試食したりしながら、アケビの収穫に行きましたが、時期遅れと鳥の餌になってしまって何にも残っていません。最後に期待をもってザクロを取りに行きましたが、ここも時期遅れ!。わずかに残っているザクロを取ってみたら大きな赤い実がびっしりと詰まっていました。
ヌメリイグチ
ムジナタケ
観察会
反省会

2019.10.27図書館主催講座模様

「都会のオアシスと陶器山丘陵とあまの街道」をテーマに大阪狭山市立公民館で講座が開催されました。講師はホームページの管理人。役不足は否めませんが、陶器山丘陵の歴史とあまの街道の生い立ち、開発による森の減少、豊かな生態系を守るための保全活動の紹介と、そこに生息する動植物を写真で説明をしていきました。
講座に参加された人は約40人、メモを取りながら熱心に聞き見ていただきました。
図書館の立案から会場設営までの力のおかげで、陶器山丘陵とあまの街道の魅力をアピールすることができました。
講座開催の案内
講座模様
講座模様
講座模様

2019.10.19定例作業

今日の作業は西山霊園上「サクラ広場」の草刈り作業。天候曇り時々雨、メンバー4人。
雨が降ったりやんだりの天気に加え、作業現場は気力を萎えさせるような丈の高い草のジャングル。そこで登場したのが2台の電動草刈り機。女性でも扱いやすい軽さに加え、意外と強い草刈能力。
従来のエンジン式の草刈り機と電動式の3台で除草作業。最初、1日では無理と思っていた作業でしたが何とかやり遂げることが出来ました。最後は、自家製のサンドイッチとコーヒーで休憩して作業終了。
草刈前
草刈後
草刈作業
草刈作業

2019.10.13定例作業

昨日は台風の影響で、通常作業は今日13日に順延。メンバーは4人。
天候は今一でしたが、2台の電動草刈り機を使って、あまの公園とドングリの森の除草と清掃。電動の草刈り機はエンジン式に比べると音が静かで近隣住宅に迷惑をかけないのが強み。機械も軽く女性でも無理なく扱えます。草刈り機の威力もあり作業は滞りなく終了。
最後に10/27講演会に使用する写真整理を行い解散。汗を殆どかきませんでした。
あまの公園除草
あまの公園除草
ドングリの森除草
ドングリの森清掃

2019.9.14定例作業

夏場の月1回の作業。あまの公園とドングリの森の清掃と除草。メンバー9人
最近市の除草もあったのですが、暑さと適当な湿りで2~3日もたてば元の木阿弥に近いほど雑草が生い茂ります。今回は手作業での草刈りと清掃を行い作業は早めに切りあげました。
あまの公園清掃
あまの公園清掃
「ドングリの森」除草・清掃
「ドングリの森」除草・清掃

2019.8.10 定例作業

ギラギラ照り付ける太陽の下で行う今日の作業は、あまの公園と今熊市民の森の除草と清掃。メンバー8人、気温35℃。
この暑さの中でも雑草はたくましく伸び、笹は道を塞ぎ、気力を萎えさせます。それでも夏季の月1回の作業日ですので気力(体力は別)だけはやる気満々で作業に取り組みました。
最初は元気よく草刈を行っていましたが、しばらくすると体力が衰え、同時に気力も萎えてきましたが最後の力を振り絞り予定していた行程は終えることが出来ました。
あまの公園除草
あまの公園除草
今熊市民の森除草
今熊市民の森除草

2019.8.9更新 西山霊園斜面除草工事完了

遊歩道まで雑草が伸び、景観を損ない歩きにくい西山霊園斜面の除草工事が終わりました。すっきりです。
2019.8.9除草後の西山霊園斜面
2019.8.9除草後の西山霊園斜面
2019.8.9除草後の西山霊園斜面
2019.8.9除草後の西山霊園斜面

2019.7.13定例作業

今日の作業は、あまの公園と今熊市民の森の除草と清掃。メンバー9人。天候曇り時々雨。
蒸し暑い中、メインは草刈り。日当たりの良いところは草が伸び放題、逆に木に覆われて日がささないところは草が生えていません。日陰の低い木は光を求めて、細いながらも上へ上へと伸びています。太陽の力は偉大です。草刈りのついでに枝払いもしました。
草刈は機械を使いましたが、地面が濡れているので跳ね上がった土が服やメガネ、口の中まで入り込み身体全体がドロドロ状態。機械でできないところは手作業で草刈り、最後は公園全体の清掃を行い終了。
あまの公園 作業前
あまの公園作業中
あまの公園作業後
今熊市民の森 清掃

2019.6.29定例作業

6月29日は西山霊園上休憩横の草刈り作業。メンバーは8人。
蒸し暑い天気のなか、伸び放題の雑草の刈取作業。残しておきたい草花の多い斜面は手作業、広場の方は草刈り機を使用して除草作業。湿度も温度も高い中での作業ですので、作業を始めて数分で全員滝のような汗。草刈り機にも背の高い雑草が巻き付き取り除くのに一苦労。
作業が終わりの頃に雨が降りだしこの日の作業は終了。
除草前
除草後
草刈作業
草刈作業

2019.6.22定例作業

今日の作業は、ササユリの咲き終った米田池斜面の保全作業。メンバーは日本野鳥の会大阪支部の方を含め9人。
ササユリの咲き終った斜面の風景は何となく閑散としてやたらと雑草ばかりが目立ちます。15日の突然の暴風の影響でかろうじて落下を免れていた枝折れの倒木が落下し通路確保から作業は始まりました。笹を含めた雑草は伸び放題、そのため一ッ葉、二つ葉のササユリに日が当たらず半分以上が枯死状態。来年に向けての課題になります。自生のオカトラノオが花を咲かしているのが慰めになりました。
落下した倒木
保全作業
保全作業
保全作業

2019.6.8定例作業

今日の作業はあまの公園と今熊市民の森の清掃とヌスビトハギ等の除草作業。あわせて堺側のササユリ観察と保全を行いました。メンバー8人、天候曇り後雨。
昨日から今日の朝方までの雨で地面は泥濘、草は雨露り、足元が濡れながらの作業。あまの公園は市による除草作業で清掃はすぐ終わりましたが、今熊市民の森の斜面は草の背丈が高いうえにヌスビトハギがビッシリ。濡れるわヒッツキ虫の剥ぎ取りに時間をとられました。
堺側のササユリはあまの街道に隣接した笹薮と倒木の中に群生地があり、藪をかき分け服はびしょ濡れになりながらも1株で3輪、4輪と花を咲かせているササユリの観察と保全を行いました。
あまの公園清掃
今熊市民の森除草
ササユリ観察と保全
ササユリ観察と保全

2019.6.1定例作業

本日の作業は先週に引き続き街道から三都神社への下り遊歩道周辺の保全活動。天候晴れ、気温高、メンバー8人で作業開始。
チエンソーも刃を入れ替え倒木整理は順調に進み、雑草の刈り取り作業も先週大半終えていましたので先週程の量はありませんでしたが、ともかく暑さとの戦い。水分補給をしながら作業を進めある程度のめどがついたところで、ササユリ観察。
花は今がピーク、大小さまざまな大きさの花が咲き、一株で2輪、3輪の花をつけているのもありました。
倒木整理前
倒木整理後
保全作業
ササユリ

2019.5.25定例作業

今日の作業は街道から三都神社へ下り口両サイドの倒木整理と笹刈。メンバー8人。道具はチェンソー、草刈り機、鎌。
30℃を超えるうだるような暑さにも負けず作業にとりかかりましたが、伸び放題の笹にウンザリするとともに、往来の邪魔になっていた三都神社遊歩道の倒木を通れるように切っただけで、撤去もせずに道の両側に置いているだけの状態をみて呆気にとられました。せめて切った木だけでも処分してほしいものです。
とは言ってもそのままにもしておけないので一箇所にまとめ残りの倒木を整理。笹刈も暑さと量に一気にとはいかず倒木整理と併せ来週も同じ作業を行います。汗で干からびそうな作業でした。
倒木整理前
倒木整理後
笹刈作業
笹刈作業後

2019.5.18定例作業

今日の作業は米田池斜面の植物養生。メンバー8人。天候薄曇り(作業には手ごろ)。
メインは蕾をつけ始めたササユリの補強。ササユリは花が開くと花の重みで倒れてしまいます。支柱で補強し倒れたり折れたりするのを防ぎます。今までの作業の積み重ねで今年のササユリの生育状況は良く、1株で6輪の蕾をつけているのものもありました。4年目を迎えた移植後のキンランも元気に花を咲かせ、シャリンバイは咲き始め、ショウジョウバカマは咲き終っていました。
ササユリ補強
植物養生
植物養生
作業後の整理

2019.5.11定例作業

今日の作業はあまの公園とドングリの森の除草と清掃。メンバーは7人、道具は草刈り機、鎌、熊手、そして汗と体力。
あまの公園は子供たちの遊び場にもなっているので雑草の丈も低くメインは草刈り機、但し土が乾ききっていたので機械が巻き上げる土ぼこりがひどくご近所の迷惑にならないかと心配でした。
ドングリの森は背の高い雑草が伸び放題、草刈り機はもちろん全員鎌をもち機械と人力併用で草刈りとゴミ清掃をしました。ゴミの中にはベビーカーまであり常識を疑います。
夏日の暑い中汗をかいた分だけ草の量とゴミの量が減りました。
あまの公園機械除草
あまの公園除草後の清掃
ドングリノ森草刈り
ドングリノ森草刈り

2019.5.4定例作業

先週までの肌寒さが嘘のように、今日はお日様が照り付ける中での作業、メンバー8人で西山霊園休憩所斜面の竹の伐採を行いました。
4.30~5.1の雨で斜面は雨後の竹の子状態。幸い伸びたばかりの竹は柔らかく簡単に切れましたが、古い竹は鋸が刃こぼれしそうになるほど固く、沢山の枝を出しているので整理するのも大変でした。伐採した竹は何カ所かに分けて整理し今日の作業は終了。ここ数年の作業の成果で北側への竹の浸食は抑えられています。
雨後の竹の子の伐採
竹の整理と伐採
竹の整理と伐採
竹の整理と伐採

2019.4.27定例作業

4月の終わりになって突然の寒波、アルプスなどの高い山では吹雪、あまの公園に集合した8人のメンバーからも寒い寒いという声。
今日は力作業ではなく、タンポポの分布調査とあまの公園から西山霊園までの植生観察。タンポポは花と種の採取と種類、採取した場所の最寄図と緯度経度まで記載する詳細な記録が必要とされています。分布調査ですので場所を変えて何カ所か記録。ついでにモチツツジが満開となっているあまの街道沿いの植生観察も行いました。
観察したのは、ギンラン、オカトラノオ、カマツカ、アキグミ、アオダモ、クロバイ他です。
採取したタンポポの記録
ギンラン
モチツツジ
植生観察

2019.4.22 あまの街道堺側の台風21号による倒木撤去

台風21号による倒木は「あまの街道と陶器山の自然を守る会」で大部分の整理をしましたが、堺側の整理した倒木は街道沿いに集積したままの状態が続いていましたが、今日(22日)から堺市による撤去工事が始まりました。倒木の量が多いので撤去には2~3日かかるとのことです。工事にはパッカー車1台、重機1台、バケット車1台、トラック2台使用した大掛かりな工事となっています。
ナラ枯れ対策はすでに終わっていますので、倒木の撤去と併せ歩きやすいあまの街道になります。
なお、写真はガラ系の携帯で撮っていますので多少見にくいかと思いますがご了承願います。
パッカー車と重機
バケット車
資材運搬用トラック、別にもう1台あります
作業中

2019.4.6更新 定例作業

春爛漫の今日の作業は、あまの公園とドングリの森の除草と清掃。メンバーは6人。
あまの公園は背の低い雑草が生えている程度で草刈り機で除草、後は刈取後の草を整理しゴミ清掃で終了。
一方ドングリの森ではマメ科の草が伸び放題、鎌と草刈り機を併用して作業。背の高いマメ科の草は草刈り機に巻き付き機械が動かなくなる程。この調子ですと先が思いやられます。
街道沿いには春蘭が咲き、コバノミツバツツジやザイフリボク、桜も満開。作業を早めに切り上げ、西山霊園へ移動して花見。楽しい1日でした。


あまの公園草刈
ドングリの森草刈り
ドングリの森草刈り
花見
自然に関することは、陶器山ニュースへ。
生き物・花・植物などは、観察記録へ。
管理人の旅物語は、管理人の部屋へ