2017.8.2~

ホーム観察記録2017.8.2~

2018.1.31更新

雪の日があったにも関わらず、たくさんの鳥たちが賑わいを見せてくれました。詳細は画像でどうぞ!!!!
鳥 39P
花・植物 1p
風景 3p
ゴイサギ成鳥
雪の上を歩くダイサギ
ルリビタキ雌
ルリビタキ雄

2018.1.27更新

今回は鳥の休息日、一寸寂しい観察記録になりました。次回はゴイサギの成鳥・幼鳥、ルリビタキの雌雄など賑やかになる予定です。
鳥 18p
カワウ
シロハラ
マガモ
メジロ

2018.1.24更新

2018年の観察記録に入りました。しばらくは鳥がメーンとなります。
鳥 33P
風景 2P
エナガ
ダイサギ
ヒドリガモ
マガモ

2018.1.21更新

鳥の天国、水鳥は池を変えているようです(日によって鳥の種類が違います)。観察対象の溜池は、二ツ池、陶器山池、三割池、晴美台新池、池之原新池、西牟婁池、名前のついていない小さな溜池2カ所です。
鳥 34P
花・植物 2P
エナガ
ゴイサギ幼鳥
ヒドリガモ
ルリビタキ

2018.1.17更新

鷺の仲間(アオサギ若鳥・成鳥、ゴイサギ幼鳥・成鳥、ダイサギ、チュウダイサギ)がひしめき合い、ルリビタキがやっと街道デビュー、カルガモの羽ばたきも綺麗です。ページ数が増えました。
鳥 37p
アオサギ&ダイサギ
カルガモ
シロハラ
エナガ

2018.1.14更新

小さな溜池にサギの仲間が大集合、アオサギとダイサギは仲が悪い。
鳥 33p
アオサギ
キセキレイ
ゴイサギ
モズ

2018.1.10更新

鳥のオンパレード、ゴイサギの成鳥も幼鳥もいます。
鳥 32p
アオサギ
ゴイサギ成鳥
ゴイサギ幼鳥
シジュウカラ

2018.1.7更新

鳥は31種類(雌雄や成鳥・幼鳥を含めると33種類)ですが新種はいません。
鳥 37p
明石海峡 1p
カワセミ
ゴイサギ
シジュウカラ
メジロ

2018.1.3更新 

2018年今年も良い年でありますように!!!
昨年に引き続き12月の観察記録の更新です。ゴイサギが成鳥、幼鳥とも姿を現しました。
鳥 30p
明石海峡 1p
ゴイサギ成鳥
ゴイサギ幼鳥
マガモ&カルガモ
メジロ

2017.12.31更新

本年最後の更新、沢山の方が閲覧して頂き有難うございました。更新が撮影日より遅れ気味になっていることをお詫びします。12月に撮った鳥の種類は50種超、この後ゴイサギの成鳥、幼鳥がたびたび登場します。
来年もよろしくお願いします。
鳥 21P
仙人草 1p
アトリ
オオカワラヒワ
カワセミ
ゴイサギ成鳥

2017.12.27更新

12.7は小春日和、何と半日で26種類もの鳥と出会いました。天気が穏やかなせいもあり水浴びをしたり、羽ばたきを繰り返し、紹介しきれないほどのパフォーマンスを見せてくれました。
鳥 33p
カワセミ
スズガモ
ハクセキレイ
ヒドリガモ

2017.12.24更新

更新日と撮影日にずれがでていることをお許し下さい。鳥が多く現れ更新が間に合わなくなっています。
鳥 24p
風景 1p
アオサギ
カルガモ
ハシビロガモ
メジロ

2017.12.20更新

冬鳥の最盛期を迎え、数も種類も1年で一番鳥が多い時期です。1日で15種類位の鳥と出会います。
鳥 31p
蝶 1p
花・植物 3p
風景 3p
オオムシクイ
カイツブリ
ヒドリガモ
ノスリ

2017.12.17更新

スズガモが小さな小さな溜池に生息していたとは驚きです。以前からたまにコガモがいることはありましたが、陶器山で初めてのスズガモとはビックリ。
鳥 24P
蝶 4P
カイツブリ
スズガモ
カワウ
メジロ

2017.12.13更新

夏鳥のオオムシクイが陶器山に現れるとは驚きです。渡りの途中で立ち寄ったと思われます。
鳥 18p
蝶・昆虫 2p
花・植物 1p
オオムシクイ
オカヨシガモ
ジョウビタキ
ヒドリガモ

2017.12.10更新

写りの良いのも悪いのも含めて、20種類の鳥を撮影。半日で出会う鳥の数が増えてきました。
鳥 20p
花 1p
オカヨシガモ
コゲラ
ジョウビタキ
ヤマガラ

2017.12.6更新

ルリビタキとの今シーズン最初の出会いが、ラッキーなことに雄と雌との縄張り争いの真っ最中でした。他の鳥も沢山います。カワセミは姿は見れども写真は撮れずの繰り返しです。
鳥 24p
蝶 2p
花 1p
明石海峡 1p
アオジ
シジュウカラ
ルリビタキ雌
ルリビタキ雄

2017.12.2更新

珍しくホオジロが雌雄で登場。
鳥 17p
イカル
ホオジロ雌
ホオジロ雄
メジロ

2017.11.29更新

ナポレンハットと呼ばれる頭部が特徴のヨシガモが陶器山の溜池に現れました。水鳥、冬鳥はこれからが本番、どんな鳥に会えるか楽しみです。
鳥 19p
蝶・蜻蛉 2p



エナガ
コガモ
ヨシガモ
ヨシガモ

2017.11.26更新

寒さと共に水鳥も増えてきました。体の大きい水鳥は羽ばたきや着水も迫力十分です。
鳥 24p
蝶・蜻蛉 5p
花 1p
エナガ
バン
ヒドリガモ
カワセミ

2017.11.23更新

冬の到来とともに冬鳥が次々と姿を現し鳥は賑わいを増していますが、蝶・蜻蛉は殆ど姿をけし、陶器山を彩った花も枯れてしまいました。
鳥 24p
オオカマキリ 1p
花・植物 2p
イカル
コガモ
ジョウビタキ
モズ

2017.11.19更新

釣り糸の絡まったイソヒヨドリ、釣り人のマナーを疑います。
鳥 16p
蝶・昆虫 2p
日の出 1p
イソヒヨドリ 釣り糸が絡まっています
アオサギ
ジョウビタキ雌
メボソムシクイ

2017.11.15更新

10年以上も姿を見なかったカミキリムシが目の前に現れ、夏鳥のメボソムシクイが名残を惜しむようにスマートな姿をアピールしてくれました。
鳥 12p
蝶・昆虫 7p
花・植物 2p
日の出 1p
アオサギ
シジュウカラ
メボソムシクイ
ゴマダラカミキリ

2017.11.12更新

久方ぶりのカワセミ登場、アゲハの仲間も健在でした。
鳥 12p
蝶・蜻蛉 7p
アトリ
カワセミ
ハシビロガモ
アオスジアアゲハ

2017.11.8更新

10月最後の観察記録、鳥は15種類中冬鳥は6種類です。まだ写真に収めていない冬鳥は、ルリビタキ、シロハラ、ツグミ、シメ、イカル、ベニマシコ、ミサゴ、コガモ、マガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、運が良ければオシドリといったところです。
鳥 17p
蝶・蜻蛉・昆虫 9p
花・植物 1p
アトリ
ジョウビタキ雌
ノスリ
ハシビロガモ

2017.11.8更新

10月最後の観察記録、鳥は15種類中冬鳥は6種類です。まだ写真に収めていない冬鳥は、ルリビタキ、シロハラ、ツグミ、シメ、イカル、ベニマシコ、ミサゴ、コガモ、マガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、運が良ければオシドリと行ったところです。
鳥 17p
蝶・蜻蛉・昆虫 9p
花・植物 1p

2017.11.4更新 

冬鳥が増え、陶器山は賑やかになってきましたが、蜻蛉は殆ど見なくなりました。
鳥 19p
蝶・蜻蛉 6p
アトリ
カワセミ
モズの高鳴き
モンシロチョウ

2017.11.1更新

鳥の季節がやってきました。後日紹介をしていきますが、観察のつど冬鳥が増えていきます。
鳥 16p
蝶・昆虫 2p
花・植物 5p
アオサギ
カシラダカ
スズメ
モズ

2017.10.29更新 2017.9~10紅葉めぐり

紅葉めぐりを管理人の部屋で公開しました。
富山県、長野県、群馬県、福島県、岐阜県は紅葉めぐり
石川県、奈良県は紅葉めぐりⅡ
生き物達は紅葉めぐりⅢ
白馬五竜(小遠見山)
五色沼(弁天沼)
白川郷ホワイトロード
ニホンカモシカ

2017.10.25更新

台風は過ぎ去りましたが、雨の多い天気です。標高の高い山並は雪に覆われ、陶器山の紅葉も始まり、冬鳥も到来しました。
鳥 11p
蝶・蜻蛉・昆虫 7p
花・植物 5p
ジョウビタキ
スズメ
ヤマガラ
モンシロチョウ

2017.10.22更新

台風21号の影響で雨足が強まっています。天気予報によると夜は暴風と豪雨になるとのこと、衆議院議員選挙の投票はお済みですか?
9月観察記録の最終更新です。
鳥 18p
蝶・蜻蛉 21p
花・植物 4p
ニホントカゲ 1p
コゲラ
メジロ
アオスジアゲハ
クロアゲハ

2017.10.18更新

9月の観察記録も後1回で終わり、10月分の観察は雨にたたられ時間がかかりそうです。
鳥 12p
蝶・蜻蛉・昆虫 16p
花・植物 3p
風景 1p
エゾビタキ
コムクドリ
アゲハチョウ
オニヤンマ

2017.10.15更新

よれよれになりながら管理人が帰ってきました。谷川岳で猛吹雪に遭遇したり、白山ホワートロード(旧白山スーパー林道)の眼を奪うような紅葉、ニホンカモシカとの出会いなど山巡りならではの楽しみを味わってきました。詳しくは管理人の部屋に掲載予定です。
観察記録は旅行前の古い情報が2~3回続きますがご容赦ください。雨天続きで観察が滞りそうです。
鳥 8p
蝶・蜻蛉 14p
花・植物 3p
ニホンカナヘビ 1p
コゲラ
モズ
クロアゲハ
ニホンカナヘビ

2017.9.26更新

管理人が紅葉めぐり(7県)に出かけるため不在となります。ご了承願います。
帰ってきた時には、鳥は渡りのシーズン、蝶は夏型から秋型へ、蜻蛉は殆ど姿を消していると思われます。
今回の目玉はタテハチョウの仲間コムラサキの初デビューです。
鳥 13p
蝶・蜻蛉・昆虫 17p
花・植物 3p
アメリカザリガニ 1p
コサメビタキ
ヤマガラ
コムラサキ
ショウジョウトンボ

2017.9.24更新

絶滅危惧種のクモガタヒヨウモンが現れました。
鳥 14p
蝶・蜻蛉・昆虫 22p
花・植物 4p
風景 2p


エナガ
メジロ
アゲハチョウ
クモガタヒョウモン

2017.9.20更新

本格的な秋が近づき蜻蛉が急速に数を減らしてきました。蝶は夏型から秋型に変わる時期、夏型の寿命の近づいた姿をよく見かけます。
鳥 11p
蝶・蜻蛉・昆虫 15p
花 1p
メジロ
メボソムシクイ
アオスジアゲハ
ウスバキトンボ

2017.9.17更新

雌雄異株のカラスウリの仲介者を見つけました。
鳥 9p
蝶・蜻蛉・昆虫 16p
花・植物 6p
ウシガエル・ニホントカゲ 2p
明石海峡 1p
エナガ
シオカラトンボ連結
カラスウリ雄花&蛾
明石海峡

2017.9.13更新 

8月分観察記録の最終です。
鳥 7p
蝶・蜻蛉・昆虫 17p
花・植物 4p
風景 2p
スズメ
キアゲハ
ショウジョウトンボ雌
ネムノキ

2017.9.10更新

久しぶりのゴイサギ、ホシゴイと呼ばれる幼鳥、蝶・蜻蛉が勢いを取り戻しました。
鳥 8p
蝶・蜻蛉・昆虫 21p
花・植物 2p
蛙 2p
ゴイサギ
メジロ
キアゲハ
オオシオカラトンボ連結

3017.9.6更新

秋のおとづれと共にバッタ天国、陶器山の自然は飽きることがありません。
鳥 11p
蝶・蜻蛉・昆虫 25p
花・植物 5p
ニホントカゲ 1p
エナガ
クマバチ
ギンヤンマ
カラスウリ雌花

2017.9.3更新

9月の声をきき朝晩は少しづつ秋を感じます。蜻蛉はシオカラトンボが大半を占め、連結した姿を目にする事が多くなりました。カラスウリは夜ですが満開。
鳥 7p
蝶・蜻蛉・昆虫 20p
花・植物 7p
アオサギ
アゲハチョウ
シオカラトンボ連結
カラスウリ雄花

2017.8.30更新

カラスウリ三昧。
鳥 7p
蝶・トンボ・昆虫 10p
花・植物 4p
ホオジロ
ギンヤンマ連結
カラスウリ雌花
カラスウリ雌花

2017.8.27更新

ペルセウス座流星群に挑戦しまたが、明るい場所ではなかなか撮れませんでした。
鳥 8p
蝶・蜻蛉・昆虫 15p
花・植物 5p
ペルセウス座流星群 2p

メジロ
ショウジョウトンボ
カラスウリ雄花
ペルセウス座流星群

2017.8.23更新

蝉、バッタ、蝶、蜻蛉が大半、鳥はわき役、カラスウリは咲き続けます。
鳥 7p
蝶・蜻蛉・昆虫 27p
花・植物 8p
蜥蜴 2p
満月 1p
メジロ
手乗りツクツクボウシ
ベニシジミ
オニヤンマ

2017.8.20更新

カラスウリの花はここしばらくが見ごろ、ニホンカナヘビが久方ぶりの登場、チュウサギは初登場、蝶が減ってきたように思います。
鳥 10p
蝶・蜻蛉・昆虫 17p
アメリカザリガニ、ニホンカナヘビ 2p
花・植物 3p
チュウサギ
ギンヤンマ産卵
ニホンカナヘビ
カラスウリ雌花

2017.8.16更新

蝶・蜻蛉もやや夏ばて、PL花火は風景欄に収録。
鳥 9p
蝶・蜻蛉・昆虫 14p
生き物(ヤモリ) 1p
風景 4p
花・植物 3p
カワラヒワ
カラスウリ
PL花火
ヤマトシジミ

2017.8.13更新

鳥は夏バテ、蝶や蜻蛉が元気に飛んでいます。
鳥 13p
蝶・蜻蛉・昆虫 23p
花・植物 4p
コゲラ
コムクドリ
キイトトンボ
カラスウリ花

2017.8.9更新

キイトトンボが再登場、鳥は日照り状態ですが9種類撮りました。
鳥 13p
蝶・蜻蛉・昆虫 20p
ウシガエル 1p
花・植物 2p
アオサギ
カルガモ
ホオジロ
キイトトンボ

2017.8.6更新

今回は盛りだくさん。陶器山の生き物をごゆっくりご鑑賞ください。
鳥 13p
蝶・蜻蛉・昆虫 18p
生き物 3p
花・植物 6p
シジュウカラ
カラスウリ花
トノサマガエル
チョウトンボ

2017.8.2更新

コムクドリは早すぎる登場、ハグロトンボは久しぶりです。
鳥 13p
蝶・蜻蛉・昆虫 15p
花・植物 6p
コムクドリ
エナガ
ヤマガラ
ハグロトンボ
自然に関することは、陶器山ニュースへ。
生き物・花・植物などは、観察記録へ。
管理人の旅物語は、管理人の部屋へ