2018.2.4~

ホーム観察記録2018.2.4~

2018.2.18更新

オシドリがメインになりました。4組のペアが生息しているようです。3月には北国に帰っていきますので、今がチャンスです。
鳥 32p
明石海峡 1p
エナガ
オシドリ
ゴイサギ幼鳥
ヒドリガモ

2018.2.14更新

オシドリが遠景のためくすんだ色になったのが残念です。
鳥 22p
オシドリ
シジュウカラ
ヒドリガモ
マガモ

2018.2.11更新

久方ぶりにオシドリのオンパレード。陶器山丘陵の大きなため池に飛来しているとは思いませんでした。たぶん以前から毎年来ていたと思われます。
オシドリは世界で一番美しい水鳥といわれ、生息数は日本が一番多い。(オシドリの色彩の多様さは十二単を思わせます)
鳥 28P (オシドリは№6~9)
オシドリ
オシドリ
シジュウカラ
ヒドリガモ

2018.2.7更新

この冬は厳しい寒さが続いていますが、鳥の世界も例年と趣が異なっています。
12月半ばまでにに姿を現した冬鳥がいなくなり、ツグミがやたらと目立ちます。
鳥 29p
カワセミ
ゴイサギ幼鳥
ダイサギ
カルガモ

2018.2.4更新

鳥は32種、久しぶりのオシドリもいます。
鳥 36P
オシドリ
マガモ
アオサギ
カワウ
自然に関することは、陶器山ニュースへ。
生き物・花・植物などは、観察記録へ。
管理人の旅物語は、管理人の部屋へ