2018.8.4~

ホーム観察記録2018.8.4~

2018.10.20更新

夏鳥のキビタキ、渡り鳥のエゾビタキ、これから冬鳥も間もなく飛来します。オニヤンマの存在には驚かされました。
鳥 14p
蝶・蜻蛉・昆虫 12p
花・植物 3p
エゾビタキ
キビタキ
モズ
オニヤンマ

2018.10.17更新

9月観察記録は今回が最終、次回更新は10月9日以降の観察記録となります。
鳥 20p
蝶・蜻蛉 12p
花・植物 6p
サシバ雌
モズ
ヤマガラ
キアゲハ

2018.10.10更新

ヒタキ3兄弟そろい踏み、鳥や蝶、蜻蛉なども9月18日に全て撮りました。10月の観察を始めましたが台風の爪痕の大きさに驚くばかりです。陶器山が森から林に変わってしまいました。
鳥 12p
蝶・蜻蛉 17p
花・植物 2p
コサメビタキ
サメビタキ
スズメ
ギンヤンマ

2018.10.7更新

2週間ぶりの更新、八つの山と林道の紅葉、台風と盛りだくさんの旅を楽しみ今日(10.7)帰ってきました。紅葉や雷鳥などは写真の整理がつき次第管理人の部屋にアップします。
鳥 9P
蝶・蜻蛉・昆虫 22p
花・植物 5p
コサメビタキ
ヤマガラ
シヨウジョウトンボ
アオスジアゲハ

2018.9.22更新

秋の渡り鳥が間もなく姿を現してきます。ヒタキ3兄弟がそろい踏みするのももうすぐです。
鳥 10p
蝶・蜻蛉 14p
花・植物 4p
コサメビタキ
メジロ
シオカラトンボ産卵
サトキマダラヒカゲ

2018.9.18更新

台風21号以降被写体の数がへりました。よく茂った木ほど風圧を受け倒れてしまい、緑のトンネルが隙間だらけになってしまいました。
鳥 9p
蝶・蜻蛉・昆虫 18p
花・植物 2p
シジュウカラ
メジロ
ギンヤンマ
キアゲハ

2018.9.15更新

トノサマガエル雌の初撮りが一番の収穫です。
鳥 11p
蝶・蜻蛉。昆虫 18p
トノサマガエル雌 1p
コゲラ
アゲハチョウ
リスアカネ
トノサマガエル雌

2018.9.12更新

里山を象徴する蜻蛉カトリヤンマが今年も現れ陶器山丘陵の自然の豊かさを改めて実感します。(生息条件である水田がまだ残っています)
不思議な怪しい、夜咲くカラウウリの花の観察を今回で終了しました。
鳥 11p
蝶・蜻蛉・昆虫 17p
花・植物 8p
キビタキ
クサシギ
カトリヤンマ
カラスウリ雄花

2018.9.8更新

久しぶりに小鳥の群れに遭遇しました。
鳥 15p
蝶・蜻蛉・昆虫 21p
花・植物 3p
エナガ
シジュウカラ
メボソムシクイ
ヤマガラ

2018.9.4更新

クサシギの水辺の姿がやっと撮れました。夜中に通過した台風でカラスウリが見たことのない姿になっていました。
鳥 9p
蝶・蜻蛉・昆虫 17p
花 10p
明石海峡 1p
水辺のクサシギ
オニヤンマ
台風通過後、朝のカラスウリ雄花
台風使後、夜のカラスウリ雄花

2018.9.1更新

カラスウリが満開、鳥も少しずつ姿を見せるようになりました。
鳥 15p
蝶・蜻蛉・昆虫 22p
花・植物 8p
風景 1p
アオサギ
シジュウカラ
ホオジロ幼鳥
カラスウリ雌花

2018.8.28更新

クサシギ陶器山初登場、カブトムシも登場、準絶滅危惧種のカトリヤンマは再登場、夜になるとカラスウリの花が咲き誇っています。
鳥 13p
蝶・蜻蛉・昆虫 25p
動物 3p
花・植物 8p
クサシギ
カラスウリ雌花
カブトムシ
カトリヤンマ

2018.8.25更新

溜池の環境変化、水田の減少などで蜻蛉が減少しています。陶器山丘陵の特異現象かもしれませんが、チョウトンボ、ウスバキトンボの減少が著しくなっています。絶滅危惧ⅰ類のハッチョウトンボは何回も見ていますが、小さすぎて(世界最小)撮影には至って居ません。
鳥 11p
蝶・蜻蛉 19p
動物 2p
花・植物 1p
シジュウカラ幼鳥
オニヤンマ
ナガサキアゲハ雌
ヤマアカガエル

2018.8.22更新

蚊にもめげず、夜に咲くカラスウリの花の観察に行っています。
鳥 14p
蝶・蜻蛉・昆虫 16p
蛙 1p
花・植物 3p
風景 1p
アオサギ
ホオジロ幼鳥
アオイトトンボ
カラスウリ雄花

2018.8.18更新

連日の暑さにも関わらず、蝶や蜻蛉といった昆虫類は元気いっぱい、鳥や人間はばて気味です。カラスウリは例年通り花を咲かせています。
鳥 8p
蝶・蜻蛉・昆虫 21p
ニホントカゲ 1p
花・植物 3p
メジロ
ツマグロヒョウモン
コノシメトンボ
カラスウリ

2018.8.14更新

蝶や蜻蛉が大賑わい、鳥も幼鳥が華を添えています。カラスウリも夜になると怪しげな花を咲かせます。PLの花火は掲載欄の下段に2016年の分もありますので、2018.8.1との比較ができます。
鳥 11p
蝶・蜻蛉・昆虫 24p
花・植物 4p
PL花火 4p
ヒヨドリ幼鳥
ホウジャクスカシバ
オニヤンマ
カラスウリ雄花

2018.8.11更新

厳しい暑さが続き動物たちもばて気味、なかなか良い被写体に巡り逢えません。
鳥 8p
蝶・蜻蛉・昆虫 15p
蛙・蜥蜴 3p
明石海峡 1p
アオサギ
キジバト
オオシオカラトンボ産卵
キアゲハ

2018.8.8更新 

オオタカが低く飛んできたのにはビックリしました。
鳥 12p
蝶・蜻蛉・昆虫 19p
ニホントカゲ 1p
花・植物 1p
オオタカ
メジロ
アゲハチョウ
モンキチョウ

2018.8.4更新

連日35℃を超える暑さで鳥も木陰から出てきません。蝶・蜻蛉も日差しの強いと所ではあまり出てきません。
鳥 10p
蝶・蜻蛉・昆虫 22p
ニホンアカガエル 1p
花・植物 2p
エナガヨウチョウ
メジロ幼鳥
ハグロトンボ雄
モンキアゲハ
自然に関することは、陶器山ニュースへ。
生き物・花・植物などは、観察記録へ。
管理人の旅物語は、管理人の部屋へ