2019.6.18~

ホーム観察記録2019.6.18~

2019.10.29更新

キビタキが雌雄現れました。オスの姿は今シーズンこれが最後。同じく夏鳥のマボソムシクイも帰る素振りがありません。
鳥 19p
花・植物 3p
蝶 3p
エナガ
キビタキ雌
キビタキ雄
メボソムシクイ

2019.10.24更新

パソコンのアップグレード、講座のコメント作成等の作業のため更新を早めました。夏鳥のキビタキとメボソムシクイがまだ居座っています。
鳥 16p
花・植物 1p
蝶・昆虫 3p
イソヒヨドリ
キビタキ雌
メジロ
メボソムシクイ

2019.10.22更新

鳥の季節がやってきました。今回は18種類です。キビタキ雌とオオルリ雌の判断がまだつきにくい。
鳥 24p
花・植物 3p
蝶・蜻蛉・昆虫 13p
エナガ
カルガモ
メボソムシクイ
ヤマガラ

2019.10.18更新

渡鳥、夏鳥、留鳥がと飛び回り、野鳥の天国陶器山丘陵の復活です。数は少ないながらもアカネトンボもちらほら、蝶は最後の繁殖を行い子供はさなぎで冬を越します。
鳥 25p
花・植物 2p
蝶・蜻蛉・昆虫 18p
エゾビタキ
エナガ
メボソムシクイ
ヤマガラ

2019.10.14更新

サンコウチョウが陶器山に初登場、渡鳥に夏鳥、留鳥も交じってにぎやかです。蝶も最後の繁殖期を迎え来年の羽化に向け相手探しに必死です。
鳥 21p
花・植物 5p
蝶・蜻蛉・昆虫 21p
コサメビタキ(夏鳥)
コムクドリ(渡鳥)
サンコウチョウ(夏鳥)
アゲハチョウ

2019.10.11更新

コサメビタキやキビタキといった夏鳥が帰り支度を始めました。渡り鳥はこれから本格的なシーズンを迎えます。
鳥 14p
カラスウリ 1p
蝶・蜻蛉・昆虫 9p
キビタキ雌
コサメビタキ
カラスウリ雄花
オオアオイトトンボ

2019.10.8更新

秋の紅葉めぐりから帰ってきましたので、データは古くなりますが観察記録を再開します。
鳥 12p
花・植物 5p
蝶・蜻蛉・昆虫 12p
コサメビタキ
シジュウカラ
アゲハチョウ
ヒメアカネ

2019.9.26更新

もう少しで秋の到来を告げるモズの高鳴きが始まります。
鳥 8p
花・植物 4p
蝶・蜻蛉・昆虫 18p
トノサマガエル 1p
シジュウカラ
ホシアサガオ
アオスジアゲハ
オオシオカラトンボ産卵

2019.9.23更新

一旦姿を現した渡り鳥がすぐいなくなります。
鳥 8p
花・植物 6p
蝶.蜻蛉.昆虫 13p
小動物 2p
アオサギ
メジロ
アゲハチョウ
リスアカネ

2019.9.19更新

渡鳥エゾビタキ登場
鳥 11p
蝶・蜻蛉・昆虫 8p
イソヒヨドリ
エゾビタキ
メジロ
シオカラトンボ

2019.9.16更新

9月に入って暑さがぶり返し、鳥が茂みから出てこなくなりました。アカネ属の蜻蛉もまだ姿を現しません。
鳥 13p
花・植物 4p
蝶・蜻蛉・昆虫 17p
コサメビタキ
メジロ
キアゲハ
チョウトンボ

2019.9.12更新 

久方ぶりに、渡り鳥、夏鳥、留鳥、蝶、蜻蛉、昆虫類が出そろいました。タイワンタケクマバチは外来種です。
鳥 11p
花・植物 4p
蝶・蜻蛉・昆虫 20p
ニホントカゲ 1p
コゲラ
メボソムシクイ
ホウジャクスカシバ
チョウトンボ

2019.9.9更新

街道内にマムシが現れビックリ、鳥が少し戻ってきました。
鳥 11p
花・植物 3p
蝶・蜻蛉・昆虫 19p
マムシ・ヤモリ 2p
マムシ
アオサギ
シジュウカラ
オオスカシバ

2019.9.5更新

鳥は間もなく夏鳥は帰り支度を初め、渡り鳥が姿を見せるようになります。蝶・蜻蛉は里山のシンボル的なカトリヤンマが現れ、温暖化指標となるナガサキアゲハが雄雌とも姿を見せました。
鳥 8p
花・植物 3p
蝶・蜻蛉・昆虫 19p
アオスジアゲハ
ナガサキアゲハ雌
カトリヤンマ雌
チョウトンボ

2019.9.2更新

三つ割池でい匹しかいないチョウトンボが美しい姿を見せてくれました。
鳥 11p
花・植物 4p
蝶・蜻蛉・昆虫 16p
アオサギ幼鳥
イソヒヨドリ
チョウトンボ
キアゲハ

2019.8.30更新

カラスウリは今回掲載分で撮り終り、鳥は思うようには姿を現してくれません。
鳥 9p
花・植物 6p
蝶・蜻蛉 9p
スズメ幼鳥
メジロ
カラスウリ雄花
チョウトンボ

2019.8.27更新

コゲラ、シジュウカラ、メジロなどの居付きの鳥がやっと姿を現しました。チョウトンボもひらひらと舞っています。
鳥 9p
花・植物 6p
蝶・蜻蛉・昆虫 20p
小動物 2p
シジュウカラ
メジロ
オニヤンマ
チョウトンボ

2019.8.24更新

昨日(8.23)Amazon Web Services(AWS)のインフラ障害により、ホームページがアクセス不可になったことをお詫びします。
観察内容は被写体が少なく、最近のものになっています。
鳥 12p
花・植物 10p
蝶・蜻蛉 14p
ニホントカゲ 1p
チュウダイサギ
カラスウリ雄花
ニホントカゲ
チョウトンボ

2019.8.20更新

鳥の日照り、9月中旬まで辛抱が続きます。
鳥 9p
花・植物 6p
蝶・蜻蛉 15p
アオダイショウ 1p
ハクセキレイ幼鳥
カラスウリ雄花
クロアゲハ
アオダイショウ

2019.8.15更新

カルガモがパフォーマンス、PL花火は撮影ミス、カラスウリの花が咲き始めました。
鳥 13p
花・植物 6p
蝶・蜻蛉・昆虫 15p
PL花火 3p
カルガモ
カrスウリ
クロアゲハ
PL花火

2019.8.12更新

体長2㎝に満たない小さなカミキリ「ヤノトラカミキリ」を発見しました。
鳥 15p
蝶・蜻蛉・昆虫 20p
小動物 3p
イソヒヨドリ幼鳥
シジュウカラ幼鳥
ヤノトラカミキリ
ショウジョウトンボ

2019.8.8更新

今まで撮影対象にしていなかった鳥まで貴重です。
鳥 13p
花・植物 9p
蝶・蜻蛉・昆虫 19p
蜥蜴 2p
コゲラ幼鳥
アオスジアゲハ
オニヤンマ
チョウトンボ

2019.8.5更新

3機のヘリコプターが近大附属病院付近を長らく飛んでいると思っていたら、どうやら京アニメ放火容疑者の搬送模様を放送会社が撮影しているようでした。(推測)
鳥 21p
花・植物 2p
蝶・蜻蛉・昆虫 13p
ニホントカゲ 1p
マスコミヘリコプター 1p
オオタカ幼鳥
チュウダイサギ
ヒヨドリ幼鳥
ABC放送

2019.8.2更新

鳥の日照りが続いています。蝶・蜻蛉で賑わいを保っています。
鳥 16p
花・植物 8p
蝶・蜻蛉・昆虫 20p
ニホントカゲ 1p
ホオジロ幼鳥
ノギラン
オニヤンマ
ツマグロヒョウモン雌

2019.7.29更新

鳥から蝶・蜻蛉の季節へ変わりました。
鳥 11p
花・植物 6p
蝶・蜻蛉・昆虫 23p
オオタカ幼鳥
ヤマガラ幼鳥
クロアゲハ
ルリタテハ

2019.7.26更新

オオタカはまだ健在、絶滅危惧種のコサメビタキも姿を見せました。蜻蛉は昨年ほどの数や種類は期待できそうにありません。
鳥 16p
花・植物 6p
蝶・蜻蛉・昆虫 16p
ザリガニ 1p
オオタカ幼鳥
コサメビタキ
メジロ
ショウジョウトンボ

2019.7.23更新

オオタカの雄幼鳥を初めて写真に収めました。
鳥 11p
花・植物 2p
蝶・蜻蛉・昆虫 15p
オオタカ幼鳥雄
メジロ
オニヤンマ
アオスジアゲハ

2019.7.19更新

鳥はオオタカ頼り、代わりに蝶・蜻蛉が増えてきました。
鳥 17p
花・植物 6p
蝶・蜻蛉・昆虫 16p
ニホンカナヘビ 1p
オオタカ雄
オオタカ幼鳥雌
ウスバキトンボ
ネムノキ

2019.7.16更新

鳥の日照りが厳しくなってきました。オオタカがせめてもの救いです。
鳥 15p
花・植物 5p
幼・蜻蛉 9p
イソヒヨドリ幼鳥
オオタカ雌
キビタキ
ウスバキトンボ

2019.7.11更新 

雛が巣立ちを終えオオタカの雌が頻繁に姿を現すようになりました。雛はすでに親鳥と同じくらいの大きさになっていると思いますが、まだ写真には収めていません。ヒバリは田植えが始まると別の場所に移動します。
鳥 16p
花・植物 6p
蝶・蜻蛉・昆虫 21p
オオタカ雌
ヒオバリ
ネムノキ
コシアキトンボ産卵

2019.7.8更新

鳥の種類は特別多いことはないですが、内容は豊富です。アオサギ、ウグイス、オオタカ、カワラヒワ、ヒバリは2P以上あります。
鳥 21p
花・植物 7p
蝶・蜻蛉・昆虫 6p
アオサギ
ウグイス
オオタカ
ヒバリ

2019.7.5更新 

朝日の色で判別が難しいですが、オオタカは雌のようです。雛は無事育ったんでしょうか。ヒバリは例年通りの時期と場所に現れました。
鳥 19p
花・植物 2p
蝶・蜻蛉・昆虫 11p
生き物 2p
オオタカ
ヒバリの砂遊び
ツバメ
ムクドリ幼鳥

2019.7.2更新 

6月~8月は鳥の日照り、オオタカが姿を見せてくれるのが救いです。
鳥 17p
花・植物 1p
蝶・蜻蛉・昆虫 17p
月 1p
オオタカ
ホオジロ幼鳥
メジロ
ホシミスジ

2019.6.28更新

オオタカは巣立ちをしている様で鳴き声が時々聞こえます。子供が自力で餌をとるようになると雄の役目は終わり姿を見せなくなります。
鳥 20p
花・植物 5p
蝶・蜻蛉・昆虫 18p
ニホンカナヘビ 1p
オオタカ
カルガモ
ヒバリ
メジロ

2019.6.24更新

オオタカは時々雛の声が聞こえるようになりました。カトリヤンマと並ぶ里山のシンボル的な蜻蛉サラサヤンマが初登場。
鳥 19p
花・植物 4p
蝶・蜻蛉・昆虫 14p
エナガ幼鳥
オオタカ
カルガモ
サラサヤンマ

2019.6.21更新 

オオタカは雛が誕生している時期です、若鷹の姿を早く見たいです。夏鳥のキビタキは繁殖時期に入りますのでなかなか見ることが出来なくなります。堺側のササユリ、目につかないところで群落地を作っていました。
鳥 17p
花・植物 4p
蝶・蜻蛉・昆虫 13p
オオタカ
キビタキ
メジロ
ササユリ

2019.6.18更新

コチドリこの夏初登場、二世も次々に現れ、ササユリは満開です。
鳥 18p
花・植物 8p
ニホントカゲ 1p
蝶・蜻蛉 12p
カルガモ
コチドリ
コゲラ幼鳥
ササユリ
自然に関することは、陶器山ニュースへ。
生き物・花・植物などは、観察記録へ。
管理人の旅物語は、管理人の部屋へ