2019.11.1~

ホーム観察記録2019.11.1~

2020.3.29更新

カシラダカ、シメ、ジョウビタキといった冬鳥や繁殖期に入ったイソヒヨドリ、カワウ、ホオジロ、モズなどが姿を見せ、まだ少ないですが花がほころび、蝶も現れました。澄み切った明石海峡も見えました。
鳥 29p
花 1p
蝶 3p
明石海峡 1p
カシラダカ
カワウ
ジョウビタキ
モズ

2020.3.26更新

エナガ、カルガモ、ケリ、コゲラ、ジョウビタキ、モズ他
鳥 25p
エナガ
カルガモ
ジョウビタキ
モズ

2020.3.22更新

気のせいか3月の声を聴くと冬鳥が少なくなってきたように思います。
鳥 22p
アオサギ
エナガ
シジュウカラ
ジョウビタキ

2020.3.18更新

オオタカ、カワセミ、ヒレンジャク、ルビタキ雌雄、カルガモ・オオダイサギのパフォーマンス、たくさんの鳥が冬の終わりを懐かしむように次から次へと現れました。パージ数は過去最大です。
鳥 41p
オオタカ
カワセミ
ヒレンジャク
ルリビタキ

2020.3.15更新

カワウの婚姻色、ハシボソガラスの恋、ウグイスやオオタカ、特にヒレンジャクを激写。冬の終わりをたくさんの鳥が惜しんでくれました。
鳥 35p
ウグイス
オオタカ
カワウ(婚姻色)
ヒレンジャク

2020.3.12更新

アオジ、エナガ、オオタカ、オオダイサギ、オシドリ、モズ、ヤマガラ、ルリビタキ・・・etc
たくさんの鳥が現れました。
鳥 33p
アオジ
オオダイサギ
ヤマガラ
モズ

2020.3.8更新

やっとオシドリ登場、時期的には短期滞在。この日(2.14)は1二値で25種の鳥を観察。
鳥 29p
アオジ
オシドリ
ホシハジロ
メジロ

2020.3.4更新

ヒレンジャクが記録的な長期滞在、ジョウビタキもまだ帰りそうにありません。水鳥は減ってきました。
鳥 28p
アオサギ
カルガモ
ヒドリガモ
ヒレンジャク

2020.3.1更新

数少ない冬鳥ヒレンジャクが長期滞在、シメ、オオダイサギ、ジョウビタキなどの冬鳥もまだまだ健在。
鳥 27p
オオダイサギ
オオバン
ジョウビタキ
ヒレンジャク

2020.2.27更新

ヒレンジャクを激写、キレンジャクも混じっていました。
鳥 26p
明石海峡 1p
シジュウカラ
シメ
ヒレンジャク
ヒレンジャク

2020.2.23更新

7年ぶりのヒレンジャクの大群、ジョウビタキやルリビタキなど見所満載。
鳥 36p
オオバン
ジョウビタキ雄
ヒレンジャク
ルリビタキ

2020.2.19更新

鳥の種類は多いですが、珍しい鳥が見つかりません。
鳥28P
アオジ
オオバン バトル
コガモ
ヒドリガモ

2020.2.16更新

今シーズンの特徴、ノズリ、ハイタカ、チョウゲンボウといった冬の猛禽類が姿を見せず、ツグミが異常なほど多い。一方数が少ないヒレンジャクの姿を時々見かけるのも今年の特徴です。
鳥 26p
エナガ
カルガモ
コゲラ
モズ

2020.2.13更新

イカルが再登場、水鳥は一部いなくなっていますがもう少し居つきそうです。
鳥 24p
イカル
オオカワラヒワ
ハシビロガモ
マガモ

2020.2.9更新

ウグイスが上手に鳴き始め、モズが求愛行動をし、アオサギやカワウが婚姻色を帯びてきました。今年の繁殖期は早まりそうです。
鳥 23p
エナガ
カルガモ
ハシビロガモ
ヒドリガモ

2020.2.6更新

今回も水鳥中心です。
鳥 21p
カルガモ
カワウ
ハシビロガモ
マガモ

2020.2.3更新

水鳥の羽ばたきをメインに撮ってみました。
鳥 21p
カルガモ
ハシビロガモ
ヒドリガモ雌
ヒドリガモ雄

2020.1.30更新

アカハラの登場に感激、アトリ、オオカワラヒワなどの冬鳥健在。
ヨシガモ、キンクロハジロ、オカヨシガモなどはいなくなりました。
鳥 23p
アカハラ
アトリ
オオバン
ヒドリガモ

2020.1.27更新

やっとアトリが到来しました。気まぐれな鳥ですので、今年は諦めていました。
鳥 24p
アトリ
オオカワラヒワ
ヒドリガモ
ヒレンジャク

2020.1.23更新

繁殖期には早すぎますが、オオタカが現れました。
鳥 28p
アオジ
エナガ
オオタカ
ヒレンジャク

2020.1.20更新

ヒレンジャクがまだいます。めったに居座ることがないのでラッキーです。
鳥 25p
コゲラ
ヒドリガモ
ヒレンジャク
ヒレンジャク

2020.1.16更新

数少ない冬鳥、ヒレンジャクが6年ぶりに登場、2020年の初撮りはラッキーでした。
鳥 30p
コゲラ
ヒレンジャク
ヒレンジャク
ヨシガモ

2020.1.12更新

温暖化のせいか冬鳥の数が減っています。
鳥 30p
オオカワラヒワ
ハシビロガモ
メジロ
ヨシガモ

2020.1.8更新

鳥たちが羽ばたいたり楽しい観察でした。
鳥 27p
オオダイサギ
オオバン
ゴイサギ
ハシビロガモ

2020.1.5更新

今シーズン、種類はそこそこですが数が少ない。昨シーズン同じように定着しません。
鳥 24p
オオダイサギ
カルガモ
ゴイサギ
ハクセキレイ

2019.12.30更新

オカヨシガモとゴイサギは今シーズン初登場、マガモとカルガモの交雑種は初めて見ました。
鳥 27p
オカヨシガモ
ゴイサギ
マガモとカルガモの交雑種
ヤマガラ

2019.12.26更新

水鳥特集の内容になりました。
鳥 29p
カルガモ
ハシビロガモ
マガモ
ルリビタキ

2019.12.23更新

ルリビタキとの出会いは雌のみ、雄はどこに行ったのでしょう?
鳥 29p
アオサギ
エナガ
ヤマガラ
ルリビタキ

2019.12.19更新

20種類以上の鳥は撮りましたが、ヨシガモを除いて目新しい鳥はいません。
鳥 25p
花・植物 2p
アオサギ
ハシビロガモ
メジロ
ヒドリガモ

2019.12.16更新

ヨシガモが現れましたが、雌ではなく雄のエクリプスのようです。
鳥 26p
アオサギ
コガモ
メジロ
モズ

2019.12.12更新

鳥は題材に事欠きません。シロシメジは美味。
鳥 21p
シロシメジ 1p
明石海峡 1p
アオサギ
カルガモ
カワセミ
ヒドリガモ

2019.12.10更新

いつも通り、4時間ほどの観察で21種の鳥と出会いました。
鳥 26p
花・植物 1p
アオジ
コガモ
ジョウビタキ雄
ハシビロガモ雌

2019.12.5更新

やっとルリビタキが登場しました。
鳥 28p
花・植物 1p
アオサギ
ハシビロガモ
ヤマガラ
ルリビタキ

2019.12.2更新

秋も深まりつつありますが、鳥は総体的に通常に比べると、種類も数も少ない気がします。
鳥 23
花・植物 3p
蜻蛉 1p
キンクロハジロ
カルガモ
ヒドリガモ
マガモ

2019.11.28更新

今回掲載の鳥は18種、そのうち10種は冬鳥です。
鳥 26p
花・植物 5p
アオサギ
キンクロハジロ
メジロ
ヤマガラ

2019.11.25更新

カシラダカ今シーズ初登場、カワセミが何とか撮れました。
鳥 20p
蝶・蜻蛉 2p
カシラダカ
カワセミ
ハシビロガモ
メジロ

2019.11.21更新

冬鳥が増えてきました、これからは水鳥が定番です。
鳥 26p
花・植物 3p
蝶 1p
爬虫類 1p
ジョウビタキ雌
ジョウビタキ雄
ハシビロガモ
メジロ

2019.11.19更新

アオジやっと登場。
鳥 16p
蜻蛉 1p
アオジ
ジョウビタキ雌
シロハラ
モズ

2019.11.15更新

カワセミを含め鳥は20種類、季節外れのはなが咲いたり四季がなくなりつつように思われます。
鳥 25p
花・植物 8p
蝶・蜻蛉 7p
カイツブリ
カワセミ
コガモ
モズ

2019.11.11更新

冬鳥、留鳥+夏鳥、鳥たちが飛び回っています。
鳥 19p
花・植物 6p
蝶・蜻蛉・昆虫 6p
シメ
ジョウビタキ雄
メジロ
キビタキ雌

2019.11.8更新

しばらく鳥の観察がメインとなります。
鳥 18p
花・植物 3p
蝶 3p
アオサギ
ジョウビタキ雄
メジロ
ヤマガラ

2019.11.4更新

冬鳥2番目がアリスイ、珍しい鳥が忘れずにやってきました。夏鳥もまだいます。
鳥 24p
花・植物 4p
蝶・蜻蛉・昆虫 10p
アリスイ
シジュウカラ
メボソムシクイ
ヤマガラ

2019.11.1更新

季節は秋の終わりに近づいていますが、温かい日が続き夏鳥が元気に飛び回っています。
鳥 18p
花・植物3p
カワセミ
キビタキ雌
メボソムシクイ
ホトトギス
自然に関することは、陶器山ニュースへ。
生き物・花・植物などは、観察記録へ。
管理人の旅物語は、管理人の部屋へ