2021.4.3~

ホーム観察記録2021.4.3~

2021.7.24更新

2021.7.3~6の自然と生き物、オオタカの親鳥はこの日を境に姿を見せなくなりましたが。スライドメインですが陶器山の夏に生息する、生き物たちをご覧ください。

2021.7.21更新

鳥の日照りは続いていますが今回はオオタカやコサメビタキで賑やかになり、蜻蛉が少し数を増やしました。
鳥 23p
花・植物 7p
蝶・蜻蛉・昆虫 8p

オオタカ
コサメビタキ
メジロ
ハラビロトンボ雌

2021.7.16更新

ヒバリが今年の2月以来の登場、小さな鳥は2回目の繁殖期に入っていますので少ないのは仕方ないですが、他の生き物(蝶、蜻蛉、昆虫)の少ないのが気になります。
鳥 14p
花・植物 5p
蝶・蜻蛉・昆虫 7p
ヒバリ
ホオジロ
メジロ

2021.7.13更新

イソヒヨドリ、オオタカ、カワラヒワなどの親鳥が休憩に出てきました。ネムノキやオカトラノオは今が満開。生きた状態ではめったに見れないタマムシも登場です。
なお、タマムシは見る角度、光の角度によって色が変わって見えるため玉虫色(曖昧)の語源になっています。
鳥 17P
花・植物 9p
蝶・蜻蛉・昆虫 14p
オオタカ
カワラヒワ
ネムノキ
タマムシ

2021.7.9更新 

雨上がりにオオタカの親鳥が雄、雌とも現れました。陶器山の夏鳥の代表キビタキもまじかに飛んできました。巨大なアオダイショウとも遭遇。
鳥 18p
花・植物 6p
蝶・蜻蛉・昆虫 6p
アオダイショウ 1p

キビタキ
シジュウカラ幼鳥
アオサギ
メジロ

2021.7.6更新

今回はベビーラッシュの鳥がメイン。どれもこれも可愛い。
鳥 27p
花・植物 3p
蝶・蜻蛉・昆虫 6p
ヤモリ 1p
イソヒヨドリ幼鳥
キビタキ
シジュウカラ幼鳥
ホオジロ幼鳥

2021.7.2更新

オオタカが威嚇、コチドリは逃げずに干潟をうろうろ。蝶や蜻蛉も今回は少し多めに撮れました。
鳥 18P
花・植物 3p
蝶・蜻蛉 10P

オオタカ
コゲラ
コチドリ
ホオジロ雌

2021.6.29更新

コチドリは1年ぶりに登場、オオタカも親鳥の現れる頻度が高くなっているので、雛は誕生していると思われます。
鳥 18p
花・植物 10p
蝶・蜻蛉・昆虫 16p

エナガ幼鳥
オオタカ
コチドリ
アゲハチョウ

2021.6.25更新

シジュウカラとヤマガラの幼鳥が現れました、似ていますので比較してみてください。ササユリは6月上旬に開花状況を動画で掲載していますのでそちらをご視聴ください。
鳥 21p
花・植物 7p
蝶・蜻蛉 4p

参考 ササユリPart3
キビタキ
シジュウカラ幼鳥
ヤマガラ幼鳥
ササユリ

2021.6.23オカトラノオ

陶器山のオカトラノオが見頃を迎えました。群落地で一斉に咲いている姿は壮観です。

2021.6.22更新

例年ですとオオタカはこの時期、雛が誕生しているはずですが雄が威嚇に現れません。やっと今回は威嚇行動が見れましたが、昨年の雄とは違うようです。他の鳥は子供たちが少しづつ現れてきています。
鳥 19p
花・植物 4p
蝶・蜻蛉 5p
イソヒヨドリ雄
オオタカ
キビタキ
ヤマガラ幼鳥

2021.6.15更新

限られた鳥、色とりどりの花、数少ない蝶や蜻蛉。まずはご覧になってください。
鳥 20p
小動物 2p
花・植物 14p
蝶・蜻蛉・昆虫 8p

イソヒヨドリ雄
エナガ幼鳥
カワラヒワ親子
ニワゼキショウ

2021.6.12更新

鳥は手あたり次第(スズメ、ツバメ)、花・植物も手当たり次第に撮りまくりました。蝶・蜻蛉類は異常に数が少ないので撮りようがありませんでした。
鳥 23p
花・植物 18p
蝶・蜻蛉・昆虫 5p
エナガ
キビタキ
チュウダイサギ
ユリノキ

2021.6.8更新

鳥は日照り、蝶・蜻蛉は異変を起こしたように少なく、辛うじて花が多彩なのが救われます。
鳥 14p
花・植物 14p
蝶・蜻蛉 3p
ウグイス
カワウ
ガンピ
キンラン

2021.6.4更新

鳥は探しても、子育てが忙しいのかなかなか姿を見せません。草花は根気よく探せば、可憐に沢山咲いています。
鳥 12p
花・植物 16p
蝶・蜻蛉・昆虫 4p
アオサギ
ウグイス
キンラン
ニワゼキショウ

2021.6.1更新

鳥を探すのが難しくなり、蝶・蜻蛉は異常に少なく季節感が例年と比べると異常です。
鳥 21P
花・植物 11p
蝶・蜻蛉 5p
ウグイス
スズメ幼鳥
メジロ
ガマズミ

2021.5.28更新

鳥は恋の季節に入り、人前に姿を見せなくなりました。チュウダイサギだけは例年より多く見かけます。
鳥 20p
花・植物 9p
蝶 3p
動画は画面左下YouTubeでご視聴お願します。
イソヒヨドリ雄
キジ
チュウダイサギ
タツナミソウ

2021.5.25更新

鳥が繁殖期に入り、種類・数とも減ってきました。補うように花や植物が春を満喫。
鳥 21p
花・植物 10p
蝶・蜻蛉・昆虫 12p
イソヒヨドリ雄
エナガ
モズ親子
タツナミソウ

2021.5.18更新

今年の異変は蝶の数が少ないことに加え、蜻蛉が姿を殆ど見せてないこと(4月は0)、鳥の巣ごもりが例年より2週間ほど早いことなど多々あります。
鳥 15p
花・植物 10p
蝶 4p
アオサギ
アオジ
モズ
ギンラン

2021.5.15更新

例年より一か月早い鳥の日照りの時期になりました。4月は渡り鳥の季節ですが、殆ど見かけません。花の咲く時期も早く、温暖化の影響が出ているように思います。
鳥 17p
花・植物 8p
蝶 4p
オオダイサギ
チュウダイサギ
ケリ
ギンラン

2021.5.11更新

旅行を挟んで10日間程写真を撮っていませんでした、すっかり様変わりして春爛漫。とはいうもののシメがまだ居座っているのにはビックリしました。桜は散りましたが色とりどりの花が楽しめる時期です。
鳥 32p
花・植物 12p
蝶 4p
エナガ
オオタカ
シメ
ムラサキゴケ

2021.5.8更新

冬鳥のマヒワが渡りで5年ぶりに登場、コゲラが巣作りを行い始めました。花も種類が多くなってきました。
鳥 25p
花・植物 11p
蝶 2p
ウグイス
コゲラ
マヒワ
モズ

2021.5.4更新

エナガの親子を見ると親鳥の愛情の深さが判ります。ベビーラッシュがまもなく始まります。花も春の日差しを浴びて元気いっぱいです。
鳥 31p
花・植物 7p
蝶 2p
アオサギ
イカル
エナガ親子
サワダ桜

2021.5.1更新 

オシドリ、ルリビタキが見納め、留鳥が繁殖の準備に大忙し、花が咲き誇っています。
鳥 37p
花・植物 11p
蝶 1p
エナガ
オオタカ
オシドリ
ルリビタキ雌

2021.4.27更新

里山の象徴オオタカとサシバが登場、猛禽類ではトビも現れて営巣地を物色。ウグイスが泣き叫んでいるのにオシドリやオオダイサギ、アオジといった冬鳥もいます。色とりどりの花も咲き始めました。
3月の生き物は近日中に掲載します。
鳥 38p
花・植物 12p
蝶 1p
風景 1p
オオタカ
オシドリ
サシバ
トビ

2021.4.24更新

オオタカが現れる頻度が増えてきました。アオジ、オシドリなどの冬鳥もまだいます。今シーズンはいつもと様子が違います。
鳥 37p
花・植物 4p
ウグイス
オオタカ
オシドリ
モズ

2021.4.20更新

10日ぶりの更新。管理人は雪山に行っていました。HPに掲載します。
鳥がやや数を減らしましたが、子供たちがもうすぐ顔を見せてくれそうです。
鳥 35p
花・植物 6p
イソヒヨドリ雄
ウグイス
エナガ
モズ

2021.4.10更新

鳥は繁殖に入りあまり出てこなくなりましたが、春の訪れとともに花咲き始めました。
鳥 32p
花・植物 6p
蝶 1p
アトリ
ウグイス
オオバン
モズ

2021.4.6更新

オオタカがペアで現れ今年も繁殖しそうです。冬鳥も居心地がいいのか、なかなか帰りません。オオカワラヒワとヒドリガモを短編動画にしました。
鳥 37p

ウグイス
オオタカ
コガモ
ルリビタキ雌

2021.4.3更新

ウグイスが鳴きだしましたが、まだまだ冬鳥は健在、約半日で20種ほどの鳥と出会います。
鳥 38p
花・植物 2p
ウグイス
オオダイサギ
オシドリ
ジョウビタキ雄

2021.6.8

自然に関することは、陶器山ニュースへ。
生き物・花・植物などは、観察記録へ。
管理人の旅物語は、管理人の部屋へ